Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kokorone123.blog106.fc2.com/tb.php/72-1bd589ae
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

団結して、早く。

届かない。何をしても、意味がない。
ここに俺がいる意味。
だが大丈夫だ。

メンヘラ地獄と壊れた世界ですよ

もう終わってしまったのね。いやまだ始まってもいないぜ
どっかからとってつけたような言葉を。
だがそれはただのコピペだろう。

いいよ。それで十分。何かをしたいならもっと先へ行ってくれよ
もうだめだ。吐き出した。吸い込んだ。空気は透明で見えない
今どんな世界が見えてるの?何か、面白いものはあるの?

暗い世界を照らす物は一体なんなんだ。湧き上がってくる希望の幻と絶望の現実を
フィニッシュラインを超えたからあなたはもう用済みです。別に注目されたいわけでもない
いいところってなんだ。何もできない人間はどうすればいい?
安心していいはずだまだ先はあるはずだ

未来なんていつまでも単調に続いていく時間の繰り返しでしかない
今より未来のほうが楽しいなんてこと誰が分かるんだ
どうでもいいことに気を使うな少ない脳を何に使っていこうか
ここまで頑張ってきて、結局何も得ることができなかったとか、そんなことにはなりたくなかった
 文語表現の限界 見えない明日 止まる足
費やしてきた嘘のような時間 俺にとって大事なものが他人にとってはゴミだった

 誰かの欲求と俺の欲求 人は価値を紙切れに収めてそれを奪い合う
お金は少しあればいいんだって 食っていけるだけの
それをどこで仕入れるか考えてるとこだろ?でもそれだって俺が選ばせて欲しいんだろ
もっとさ何か希望に満ちたようなグッドニュースはないのか?

 諦めが生み出す不思議な空間が人々を紙切れに執着させた
それは魔法の紙切れなのね政府が認めているんだもの
信用で成り立つ社会にみなが信用されたがり
嘘もつく 本当のような嘘を 嘘のような本当のことはだめなんだって

酷く冷たい世界 どこまでも広がる道 何も変わってないように感じた
仕方ないならもういい。暴れたいけど動物園の檻にでも入れられるのが落ちなのならば
人権なんて政府が決めたことならその都合のいいように世界が動いていくというのなら
いずれこの世界は一体どうなってしまうんだ

 世界が終わる瞬間をみんなが考える この世界に本当に終わりは来るのだろうか
だが世界が終わるよりも恐らく先に俺の命が終わる
人類が宇宙旅行を自由にできる日まであと何日くらいかな
戦争で地球は真っ二つに壊れちゃうの?今となってはすべてがどうでもよかったりする
俺は真面目だったからどうしても主張を変えることができなかった

 ご都合主義は当たり前みんな自分が大事だ お客様が大事なのではなくその人の懐が大事なんだ
絶望はいつまでも続くものではない 知らず知らずのうちに夜は明ける。
 ローリン岩転がる岩 
噴出したイメージが俺に覆いかぶさってきて俺の形を変えやがったからそのイメージを壊すために必死に
なってたらああ 現実とイメージの区別がつかなくなっちゃってさ

 現実を破壊し始めた俺にもう既に居場所は無かった何もかも無くなってしまえばいいと
俺は自分を消した 自分が消えても世界はまだまだグルグルと廻っていく
イメージの世界にも現実の世界にも俺は存在できなくなったのね

 無意識が俺を動かしてるとしたら問題なことだ
人間の脳はどうなっているんだ 彼らは意識を妄信しているんじゃないのか?
俺たちは生まれたくて生まれた訳じゃないし、死にたくなくても死んでいく。
体は勝手に成長していくだろう 欲望だってたくさん噴出してくるだろう
自分の体はなぜか自分と想わない方向に勝手に歩いていくもんだからさ

 欲望こそ人を動かすもっとも基本的なものだ
欲望が満たされないと人は不快を感じ満たされると気持ちよくなる
不快なものを取り除こうとする 気持ちいいものを手に入れようとする

 誰が動かしてんだよ 結局人間にとって確かなものは欲望だけってか
それは動物も同じだろう じゃあ、その人間と動物のもっとも大事な違いとはなんだ
人間だって動物の一種だ もし人間を形作るものが意識だけだったらどうなっていただろうか
誰かにプログラムされた生きかたなのなら ねぇどうして僕らは生きてるのって
結局誰かのために生まれてきたんじゃないんだからさ

どうせなら俺の好きにさせてよ俺の自由を奪わないでよ だがあいつらにとって俺の自由は邪魔でしかない
そしたら俺はもうそこにはいられない 群れから離れるしかないから
 俺は孤独を望みそれが許せなかった彼らは俺を孤立させた
それならもうそこにいる意味はない それならもう集団から離れないといけない

 目的のない集団はまるで烏合の衆 与えられた義務は果たしたつもりだったから
一つの場所に閉じこもって世界を考えてたら何もかもどうでもよくなってきて
ただただ時間だけが過ぎていく このまま死を待つだけなのか?
人が生きている。それすら信じられないぜ
 お前らどういう仕組みで動いてんだ 一体誰が望んだことなんだ
誰が望んで俺と言う人間が生まれたわけじゃないなら
俺が誰かに望まれないといけないわけねぇだろ

 悲しいこというなよこの世ってなんだよ 考える時間くらいくれよ
無意識に俺が与えた苦痛 そしてその仕返しとばかりに俺に与えた意識的な苦痛
何の得もない無意味な戦いを引き起こすのは何だ
 弱肉強食のこの世界だが人間はもっと違うはずだって
じゃあ強肉弱食か?何をしてんだ侮れんぞ
ただの動物じゃねぇかそっちのほうがさ
大切なものを間違ってたらそれは本能のままに起こる動物に過ぎねぇんだよ


 はったりで手に入れた金を握り締める詐欺師が自殺し余ったその金は
その汚い金が舞い降りてくるのは一体誰の足元なんだ
空がにやける心臓の音が鼓膜破る

 厳しく辛すぎる道のりと それをあらわすための非情な力
何かを伝えるためのツール 要らない表現 そこで何か、必要なものが
意識的に人は動いているのか だったらこの何もない世界には誰も動かない
いずれ消えていく運命 だが何も感じない
なぜだ怖くないのか 消えていくことが怖くないのか
人は眠るとき意識はどこにいってしまっているのか完全に無意識の世界
人生の3分の1が無意識なのならその小さな意識を満たすために努力することの意味

 一つもない YEAH 一気飲みしたコカ・コーラ
吐き出した道路それを掃除する人間
分からないものを手に入れようとしてつらすぎて残した道を
それでも俺はまだまだ他人を侮辱し見下す姿勢
スタンスは自己中心 ご都合主義の最低な奴
どこで誰が死のうが知ったことはない

 そんな感じを抑えきれない無意識的に更に意識的に
もう明日が見えない明日を感じることができない
それが必要なかったからもういやになった

 巡回型の社会?言葉にできないだけで苦しめるもんなのか人間は
クロマニヨンズは好きだけどさ
原始人のように何か新しいものを作っていく姿勢
今の日本じゃ現状維持は難しいぜ 半端じゃなく少子高齢化
負担は増えて それを支える人間は減っていく
それなら俺だってその負担を背負いたくないさ 老人はみんな死んでしまえばいい
 どうせなら老人ホームの食事に毒でも振りまいて
老人自殺支援法とか もう俺たちの敵なのならば

 そこまで考えて虚しくなる そうかいずれ死ぬなら手を下す必要もないんだよな
そうかそうかだったら全然大丈夫 その短い期間誰が支えていくのか
いやな当番を擦り付け合う本心を
いやなことは譲り合い 必要なものは奪い合う
なりたくないものになりたくないから

 作るなよ世界を まだ何にも分かっていない
ずっと考えていた それでも何も生まれないからさ
でも何かが俺の背中を押す 意味のない言葉がどんどんあふれ出してくる
じゃあそれを吐き出すしかないだろ永遠に意味がでてこなくたって

 あー金どうやって稼ごう。アフィリエイトでも?
それは一人暮らしするようになってからでいいや。
一人暮らしするようになったら通信販売とかアフィとかどんどんやっていきたいけど・・
もう終わってしまったんだね。希望を失った人間は無になりたがる。

 いつまでもこのままで過ごしていたいよ。結局もう何にもなかったからさ
言葉で攻撃していく 言葉を守るすべは言葉でしか許されないはず
人格否定で何かが生まれるはずもなく 論理は無駄になる
何を信じて何を疑うのか  何が正しいのかすら分からないなら
飛び出すことにすら意味はない 衝動だけが俺のなかで暴れるだけ ならば
でも何とかなるもんだ みんなちゃんと守りあってるから
信用をなくしまくって 嫌われまくって でもいいよ。それで
ちょっとずつ破壊が進んでいくのなら これはこれで
破壊してまた新しいものを作ればいい。
維持は更に難しくなっていく。だからこそ維持派の波が押し寄せてるのかもな
いっそぶっ壊してしまえ その短い生涯を遂げる最期を変化で
 一個だけとか 何か学んだこととか全部忘れちゃったからさ
特有の文化なんか知るか ここにはここの伝統があり
それを知るために何かをやっているのなら
本当にやりたくないことだらけ強制されるもんだぜ
そんなんで楽しめるわけがないだろ 俺はこれも更にって感じで

 いつまでも幸せでいようね♪なんてそんな不確かなもんを
誰かのために頑張ろうとしてみたり関係のないそれはただのデカブツでしかない
それをうらやましく思うのならさ もう爆発しそうな悩み抱えて
目的も無い人間にしなければいけないことなんてあるわけがないだろうがふざけてんのか

 いつまでも叫び続けたって何の意味がなかったからその基地外はもう声も出せなくなって
ゴミ扱いされながら笑ってる過去の自分が俺に悲しい目で見て笑うから
俺は少し置いてけぼりにしたくて そのままで
さらけ出したその先に もう何にもなかったから
色んな問題が増えていきもう誰も興味を持たなくなる

ああ、きつい
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kokorone123.blog106.fc2.com/tb.php/72-1bd589ae
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。